白髪染め アレルギー

白髪染めアレルギーはどんな人がなるの?

白髪染めアレルギーという人は、おそらく市販の合成成分が使われている白髪染めを使用していると思います。

 

たとえば1剤・2剤と混ぜ合わせて使うタイプの場合、1剤に含まれるアルカリ剤がキューティクルを分解して開いてしまいます。そこに酸化染料と酸化剤が混ざることによって酵素が発生し、髪の毛に色が入るといった仕組みになっています。

 

この方法だと確かに1回でよく染まるのですが、キューティクルが破壊されてしまっているため、乾燥がすすみ、髪の毛がパサパサになってしまいます。そして、いったんキューティクルがいたんでしまうと直るのに
時間がかかりますし、それだけ強い薬剤を使っているので地肌も同時にいためてしまうわけです。

 

なかでも、酸化染料のパラフェニレジンアミンは皮膚のアレルギーを引き起こすだけでなく、のどの痛みや呼吸困難が起こるという報告もある毒性の強い化学薬品です。

 

市販の白髪染めにはよく含まれているので、買うときにはこの成分が含まれていないものを選びましょう。

 

くろめヘアカラーはこういった危険成分は入っていないため、敏感肌の人でも安心して使えます。
使い続けるといたんだ髪の毛を補修しながら染めていくため、合成の白髪染めとの差がわかります。

 

敏感肌でも安心の白髪染めはこちら